【トヨタ SAI 改良新型】女性への受けにも配慮したインテリア

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ・SAI
トヨタ・SAI 全 6 枚 拡大写真
マイナーチェンジしたトヨタ『SAI』には、新色茜(アカネ)を含む3色(4種類)のインテリアカラーが設定された。

トヨタ自動車デザイン本部デザイン開発部カラーデザイン室トヨタカラーグループ長の金丸克司さんは、「ベージュのカラーは、これまでの少し赤みの強いベージュから黄味方向のベージュに変え、明度も少し上げました。それにより、室内の黒部品とのメリハリがしっかりと出せました」と述べる。

このベージュに茜がコンビネーションされ、より華やかなインテリアが出来たと金丸さん。「調査したところSAIユーザーは50代から60代で、色を選ぶときに奥様に意見を聞くことが多いことがわかりました。そこで、女性が選びそうな色から、ちょうど茜方向の色がその世代に好評だということもあり採用しました」と話す。また、「女性しか乗れないようなフェミニンすぎるカラーではなく、男性にもおしゃれに乗れるようにコーディネートしてあります」という。

黒系もこれまでのモノトーンであったものから、ブラウンと組み合わせ、「男性もファッション性にこだわる方が徐々に増えてきているので、そういう方々にもしっかりとアピールできるようにしました」と語った。

《内田俊一》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV