トヨタ車体、インドネシア子会社で内製金型による大物樹脂部品の生産開始

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ車体のインドネシア子会社 スギティークリエーティブス
トヨタ車体のインドネシア子会社 スギティークリエーティブス 全 2 枚 拡大写真
トヨタ車体は9月10日、インドネシアの子会社 スギティークリエーティブス(S/C)が、競争力強化を目的に、大型の金型加工機を導入し、内製金型による大物樹脂部品の生産を開始すると発表した。

S/Cでは、これまで内装部品などの中小樹脂部品については内製金型により部品生産を行い、大物樹脂部品を生産する金型については日本や韓国から輸入していたが、今回の金型加工機の導入により、S/C はインドネシア国内で唯一の内製金型による大物樹脂部品生産メーカーになる。

同社では、2013年11月より大物樹脂部品(バンパー等)の金型加工を開始する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ グランエース G(4列8人乗り)
  • トヨタ グランエース
  • ダカールラリー2020参戦車両(1号車)
  • バン事業移管後初の国内投入、トヨタ グランエース を発表したトヨタ車体…東京モーターショー2019
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • フェアレディZ SUV 予想CG
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ