クアラルンプールのモノレール、2014年に4両編成の新車導入

鉄道 企業動向
クアラルンプールを走るKLモノレールの車両。2014年に4両編成の新車が導入される
クアラルンプールを走るKLモノレールの車両。2014年に4両編成の新車が導入される 全 2 枚 拡大写真
マレーシアの首都・クアラルンプールの公共交通事業者、ラピッドKLを保有する国営企業Prasaranaは10月15日、現在2両編成で運転しているモノレールに4両編成の新車12本を2014年内に導入すると発表した。

クアラルンプールのモノレールはKLモノレールと呼ばれ、全長8.6km、全11駅の1路線。マレーシアのスコミ(Scomi)が製造した2両編成の車両12本で運行されているが、利用者数は1日7万人を超え、ほぼ輸送力の限界に達している。

4両編成の新車は現在の車両と同じスコミ製。編成両数の増加により、輸送力は現在のほぼ倍となる。新車の導入にあたり、信号システムの更新や駅ホームの延伸、可動式ホーム柵の設置なども実施。駅施設の工事は85%が完了しているという。新車は2014年初頭から順次納入される予定となっている。

過去の報道では、新車投入後は現在の2両編成の車両は営業運転から退き、予備車になるとされている。

《小佐野カゲトシ@RailPlanet》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 6両編成4本が増備される『ひのとり』用の80000系。
  • 6月15日に再開する京都鉄道博物館。再開後も、基本的には展示車両を外から見学できるに留まるようだ。
  • 現在の新宿駅構内。この下では東西自由通路供用へ向けた大工事が行なわれてきた。
  • 7月19日まで東京メトロの特設ウェブサイト上で発売される「虎ノ門ヒルズ駅開業記念」24時間券。2枚1組で発売額は1200円。5000セット限定で、1人5セットまで購入できる。
  • BRT専用道の起点となる見込みの彦山駅。
  • 利用人数が制限される「リニア・鉄道館」の新幹線シミュレーター「N700」。
  • 唐津線の普通列車。唐津~西唐津間における2018年度の1日あたりの平均通過人員は1005人となっている。1987年と比べると減少率は24%と比較的低い。
  • 7月下旬に再開する予定の箱根登山鉄道箱根湯本~強羅間。写真は3100形。

ピックアップ