【東京モーターショー13】ポルシェ マカン、LAと同時プレミア…初の小型SUV

自動車 ニューモデル モーターショー
ポルシェ マカンターボ(東京モーターショー13)
ポルシェ マカンターボ(東京モーターショー13) 全 9 枚 拡大写真
ポルシェは東京モーターショー2013で、ブランド初となる小型SUV『マカン』を公開した。マカンは、米国で開催されているロサンゼルスモーターショーでも同時に世界初公開がおこなわれた。

搭載エンジンにより「マカンS」と「マカンターボ」を設定。マカンSは、340psを発揮する3リットルV6ターボエンジンを搭載。0-100km/h加速は5.5秒、最高速は254km/hを叩き出す。

マカンターボは、3.6リットルV6ターボエンジンを搭載し、最高出力400ps、最大トルク56.1kgmを引き出す。0-100km/h加速は4.8秒、最高速269km/hと、超SUV的なスペックの持ち主だ。また、フロントマスクはトップモデル『918スパイダー』をモチーフにしており、ターボならではの独特の力強さを表現している。

ボディサイズは、全長4675×全幅1923×全高1628mm、ホイールベース2807mm。『カイエン』よりも、車体がひと回り小さい。

小型SUV市場に参入することで、ポルシェブランドのさらなる拡販をめざす。

《宮崎壮人》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV