【東京モーターショー13】レーザーを使った次世代ヘッドライト…スタンレー電気

自動車 ニューモデル モーターショー
スタンレー電気ブースに展示されたレーザーヘッドランプ。6つのレーザー光源が用意される(写真:2つのレーザーが点灯しロービームの役割を果たす)
スタンレー電気ブースに展示されたレーザーヘッドランプ。6つのレーザー光源が用意される(写真:2つのレーザーが点灯しロービームの役割を果たす) 全 5 枚 拡大写真
東京モーターショー2013。スタンレー電気は、レーザーを使った次世代ヘッドライトを展示している。ヘッドライトの光源にレーザーを使うことで、ライトのデザインに自由度が生まれるという。

最近では省電力性能の高いLEDをヘッドライトに採用する車種も増えてきたが、スタンレー電気ではその先の技術としてレーザーを使ったヘッドライトを提案した。

レーザーを使う一番のメリットは光源を小さくできることで、デザインの幅が広がること、一部の車種で採用が始まった対向車への幻惑防止機能をメカレスでおこなえるという。

スタンレー電気設計技術センターの松野貴氏は「レーザーと聞くと危険と思われるかもしれませんが、黄色いフィルターを通すことでLEDと変わらず安全性は心配ありません。既にシムドライブ社のEVにレーザーヘッドランプが採用され、ナンバー付きで公道を走っています。現状、LEDのほうが効率が高いのですが、レーザーの進化を見ながらいつでも製品に使えるよう技術開発を進めています」と話した。

《》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ車や軽にも後付け可能なオートスライドドアキット
  • 車両周辺の凹凸や落下物を3D化して検知して、距離や状況を図る「3D Dtection System」など、光学技術を使った出展が注目されたスタンレーのブース
  • スタンレー電気ブース(オートモーティブワールド2019)
  • レイブリック『スライドドアオープナー』
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ