【東京モーターショー13】メルセデスベンツSLS AMG GT ファイナルエディション…インテリアもスポーツさとラグジュアリー感を強調

自動車 ニューモデル 新型車
メルセデスベンツ・SLS AMG GT ファイナルエディション(東京モーターショー13)
メルセデスベンツ・SLS AMG GT ファイナルエディション(東京モーターショー13) 全 8 枚 拡大写真
メルセデスベンツ『SLS AMG GT ファイナルエディション』が、東京モーターショー13でワールドプレミアを飾った。

エクステリアの特徴は、カーボンを多用することで、特別感を演出。インテリアにおいても特別に仕立てられており、「designoナッパレザーによる、ブラックフルレザーを、ダッシュボード及びシートそのほかロワーダッシュなど全てに貼っている。これにより、上質な座り心地や触感を持たせている」とは、メルセデス・ベンツ日本商品企画・マーケティング部アシスタント・マネージャーの古川麻樹さんの弁。

このファイナルエディションはラグジュアリーさとスポーティさが両立されていると古川さん。ラグジュアリー感の演出は、「黒内装ベースでは初めてダイヤモンドステッチがシルバーで施されていることだ」という。

スポーツ方向では、「アルカンターラを通常通りルーフに貼っているが、ステアリングもグリップ部だけではなく、全てに採用。センターマーキングやシルバーステッチを採用した」と述べる。

これら以外にも、ダッシュボードのdesignoナッパレザーが貼られている一部に、アクセントとしてアルカンターラを採用。その周囲をシルバーでステッチするなど、ステッチは全てシルバーで統一した。

古川さんは、「これらにより、最終モデルに相応しく、黒ベースでありながら、スポーツさとラグジュアリーさを強調。フロアマットもシルバーのパイピングが入った専用品で、内装に関しても抜かりなくコーディネートしている」と語った。

《内田俊一》

この記事の写真

/

ピックアップ