JR四国、徳島でバッテリー電車走行試験の出発式と試乗会を実施…1月17日

鉄道 テクノロジー
近畿車輛が開発したバッテリー電車「Smart BEST」。徳島県内での走行試験にあわせ、出発式と試乗会が行われる。
近畿車輛が開発したバッテリー電車「Smart BEST」。徳島県内での走行試験にあわせ、出発式と試乗会が行われる。 全 1 枚 拡大写真
JR四国は1月17日、自己充電型バッテリー電車「Smart BEST」の走行試験の実施に伴い、「徳島県内初となる電車走行」を記念した出発式と試乗会を実施する。

「Smart BEST」は近畿車輛が開発した、非電化路線用のバッテリー電車。エンジン発電機と大容量バッテリーを搭載しており、非電化区間でも電車と同様にモーターを使って走行する。2012年10月からJR西日本の鉄道路線で走行試験を開始しており、2013年12月からはJR四国管内で走行試験を行っている。

1月14日から2月7日にかけては、徳島県内のJR線を中心に走行試験を行う予定。1月14~17日は徳島10時33分発~池谷10時54分着、池谷11時11分発~鳴門11時30分着、鳴門13時30分発~池谷13時48分着、池谷14時16分発~徳島14時33分着のダイヤで走行試験を実施する。1月20日~2月7日は土曜・休日を除き、徳島9時9分発~阿波池田12時2分着、阿波池田12時15分発~徳島14時38分着のダイヤで運行される。

出発式は1月17日の13時15分から、鳴門線の終点・鳴門駅の1番線ホームで開催。徳島県知事や近畿車輛の社長が出席し、13時30分発の徳島行き試験列車を見送る。出発式で見送る列車の試乗会も実施し、JR四国の徳島企画部が試乗会の参加者20人を募集している。募集期間は1月10日までで、徳島県内在住者のみ参加できる。

徳島県内の鉄道路線は全て非電化。沖縄都市モノレール(ゆいレール)が開業した2003年以降、モーターで駆動する鉄道車両が営業運転されていないのは47都道府県中、徳島県だけとなっている。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 解体工事が始まる前の新潟駅万代口駅舎(2020年4月)。60年以上の間、新潟の顔であり続けた。
  • 8月下旬に解体される旧原宿駅舎(2019年11月)。
  • 東武日光駅に入線したSL大樹 C11形207蒸気機関車
  • (イメージ)
  • 三次~下深川間が8月15日に再開する芸備線。写真は三次駅。
  • 2020年8月1日、東武鉄道南栗橋車両管区に入った元真岡鐡道のC11 325。『SL大樹』での運用は12月からだが、C11 207との2機態勢となるため『SL大樹「ふたら」』での運用も期待できる。
  • 6月に九州新幹線西九州ルートの武雄温泉駅を訪れ説明を受ける赤羽大臣(手前)。この時は山口知事との面談が実現しなかったが、知事は7月15日の会見で「協議の場を大切にしたい」と述べ、1対1の面談に応じないことを示唆している。
  • 9月に釜石線と三陸鉄道に入線するJR東日本のトロッコ列車「びゅうコースター風っこ」。

ピックアップ