三菱レイヨンとエンケイ、炭素繊維強化プラスチックとアルミ合金の複合構造ホイールを開発

自動車 ビジネス 企業動向
エンケイ(webサイト)
エンケイ(webサイト) 全 2 枚 拡大写真
三菱レイヨンは1月15日、エンケイと共同で、炭素繊維強化プラスチックとアルミ合金の複合構造ホイールを開発したと発表した。

開発品は、三菱レイヨンが炭素繊維強化プラスチックとアルミ合金との接合に関する知見を提供し、エンケイが製造。軽量化のため薄肉化したアルミ合金の強度を炭素繊維強化プラスチックで補うことにより、乗用車用軽合金ホイールに適用されている安全基準「JWL基準」に適合する品質・強度を実現した。

炭素繊維強化プラスチックとアルミ合金を複合させることによって価格を抑えながら安全性を確保し、市場での普及を図る。

なお両社は、1月15日より開催の「オートモーティブワールド2014 第4回クルマの軽量化技術展」に試作品を展示する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ナウトジャパン(名古屋オートモーティブワールド2019)
  • エドモンド・オプティクス・ジャパン(名古屋オートモーティブワールド2019)
  • トラモン(名古屋オートモーティブワールド2019)
  • 9月18日に開幕した「名古屋オートモーティブワールド2019」の基調講演に、トヨタ自動車の寺師茂樹副社長が登壇
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2014/01/16/215001.html/article/2014/01/16/215000.html/article/2014/01/16/215002.html