【デトロイトモーターショー14】ヒュンダイ ジェネシス セダン 新型…ゆとり増したプレミアムFR車[詳細画像]

自動車 ニューモデル ショーカーライブラリー
ヒュンダイ ジェネシス(デトロイトモーターショー14)
ヒュンダイ ジェネシス(デトロイトモーターショー14) 全 36 枚 拡大写真
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は米国で開催中のデトロイトモーターショー14において、新型『ジェネシス セダン』をワールドプレミアした。

二代目となる同車の搭載エンジンは、ガソリン2種類。直噴3.8リットルV型6気筒「ラムダ」は、最大出力311ps/6000rpm、最大トルク40.5kgm/5000rpmを発生する。5.0リットルV型8気筒は、最大出力420ps/6000rpm、最大トルク53kgm/5000rpmを引き出す。ヒュンダイのV8エンジンとしては、最もパワフルだという。トランスミッションは、両ユニットともに8速AT。

ボディサイズは全長4990×全幅1890×全高1480mm、ホイールベース3010mm。先代に対してホイールベースを75mm延長することにより、室内空間の快適性を向上させた。

《ショーカーライブラリー》

この記事の写真

/

ピックアップ