トヨタF1への復帰、豊田社長「私が社長をやっている限りはない」

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
2014年トヨタモータースポーツ活動計画発表会に出席した豊田章男社長
2014年トヨタモータースポーツ活動計画発表会に出席した豊田章男社長 全 5 枚 拡大写真
1月30日、トヨタ自動車の豊田章男社長は、2014年のトヨタモータースポーツ活動発表会に出席、集まった記者団からF1復帰に対する考えを聞かれ「私が社長をやっている限りはないと思います」と明言、F1復帰に対しては慎重な見方を示した。

今回トヨタは、ルマン24時間(WEC)、SUPER GT、スーパーフォーミュラなど、2014年のモータースポーツ活動を発表。F1に関しては、トヨタは2002年から参戦していたが、2008年のリーマンショックにより2009年をもって撤退し、現在は活動を停止している。

国内メーカーでは、2008年にF1から撤退したホンダが、2015年シーズンからF1復帰を発表しているが、直近の順調な業績にあっても豊田社長のF1に対するコメントを聞くと、トヨタがF1に復帰することはかなり先のこととなりそうだ。

《》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • F1アメリカGP
  • MEGA WEB・F1カー乗り込み体験会
  • WRC(写真は1998年)
  • TF110(写真=グランプリトクシュウ)
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ