【リコール】三菱ふそう エアロエース など、オーバーヒートのおそれ

自動車 ビジネス 企業動向
改善箇所
改善箇所 全 1 枚 拡大写真
三菱ふそうトラック・バスは1月30日、『ふそう エアロエース』などのアイドラプーリーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは三菱ふそうトラック・バス『ふそう エアロエース』『ふそう エアロクイーン』、UDトラックス『スペースアローA』『スペースウィングA』の4車種で、2010年8月30日~2013年10月23日に製造された1542台。

大型バスにおいて、アイドラプーリーの組立(ベアリングの圧入等)が不適切なため、当該プーリーの起動力(抵抗力)が過大なものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ベアリングに異音や焼付きが発生し、最悪の場合、ファンベルトが切れてオーバーヒートに至るおそれがある。

全車両、アイドラプーリーのガタと起動力を点検し、規定値を超えているものはベアリングを新品に交換する。なお、ベアリングを新品に交換してもプーリーの起動力が規定値を超えるものは、プーリーブラケット一式を新品に交換する。

不具合発生件数は51件で、市場からの情報により発見した。

事故は起きていない。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日野デュトロ
  • トヨタ ダイナ(2019年)
  • 日産セレナ(C26)
  • アウディ TT クーペ (2018年)
  • トヨタ MR2 後継モデルの予想CG
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ