【三菱 eK スペース 発売】eKワゴンの市場評価を取り入れたインテリア

自動車 ニューモデル 新型車
三菱・eK スペースカスタム
三菱・eK スペースカスタム 全 8 枚 拡大写真
三菱『eKスペース』のインテリアは、質感を高めることを重視してデザインされた。

「一番力を入れたところは、内装だ」とは、三菱デザイン本部デザイン部エキスパート(デザイン担当)の吉田充宏さんの弁。

その理由は、「軽自動車とはいっても他社も質感は高くなってきているので、かなり気を使った」という。

「『eKワゴン』で採用しているピアノブラック調のセンターパッド(オーディオ・エアコン周り)は、市場の評価が高かったことから踏襲した。そのうえで、無理なく、広々と感じさせるように、柔らかいパッドがぐるりと回り込むような造形にしたり、見た目も触っても気持ちいいデザインにした」と語った。

《内田俊一》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV