ボーダフォン、VWとアウディにM2M通信サービスを提供…車両のネットワーク化を推進

自動車 テクノロジー ネット
ボーダフォン・M2M通信サービス(イメージ)
ボーダフォン・M2M通信サービス(イメージ) 全 1 枚 拡大写真
ボーダフォンは3月12日、ヨーロッパにおいてフォルクスワーゲンおよびアウディと、新たな契約を締結したことを発表した。

同社は、2015年以降のアウディの新モデルに対して、自動車業界向けに開発した組み込み型のSIMチップを提供する。

現在のアウディコネクトのポートフォリオは、WLANホットスポットおよび車載ナビゲーション、コミュニケーション、インフォテイメントサービスによって構成。2013年、ボーダフォン4G対応インフォテイメントシステムを搭載したアウディ『S3』が市場に投入されている。

今回、VWグループと新たな契約を締結したことを受け、同社M2M事業部門チーフエグゼクティブのエリック・ブレンナイス氏は、「私たちは、マシンツーマシン(M2M)通信サービスをVWグループに提供できることをうれしく思う。車載ネットワーク化を実現した自動車は、私たちの効率的なモバイル通信ネットワークを活用することで、ヨーロッパの国境を越えてさらに普及すると思う」と、コメントしている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ