【ジュネーブモーターショー14】韓国サンヨン、XLV 初公開…ディーゼルHVのSUVコンセプト

自動車 ニューモデル 新型車
サンヨン XLV(ジュネーブモーターショー14)
サンヨン XLV(ジュネーブモーターショー14) 全 9 枚 拡大写真
韓国のサンヨン(双竜)自動車は3月4日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー14において、コンセプトカーの『XLV』を初公開した。

1954年、商用メーカーとして創業後、1986年に双竜グループに買収。その後、韓国の大宇、中国の上海汽車と目まぐるしく親会社が変わった後、2009年1月に経営破綻。2010年、インドのマヒンドラ&マヒンドラ社の傘下に入り、再出発したのがサンヨン自動車だ。

ジュネーブモーターショー14で初公開されたサンヨンXLVは、欧州Bセグメントに属するSUVの提案。車名の「XLV」には、エキサイティング・スマート・ライフスタイル・ビークルの意味を込める。

XLVのボディサイズは、全長4430×全幅1845×全高1600mm、ホイールベース2600mm。室内には、2+2+2+1のシートを備え、最大7名乗車が可能。7番目のシートは、2列目と3列目の間をスライドする補助席とするなど、機能性が追求された。

パワートレインは、ハイブリッド。1.6リットルのディーゼルエンジンに、出力10kWのモーターと蓄電容量500whリチウムイオンバッテリーを組み合わせる。サンヨンによると、MT車のCO2排出量は、100g/kmを切る98g/kmを実現しているという。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2014/03/13/219089.html/article/2014/03/13/219088.html/article/2014/03/13/219090.html