JR東日本、常磐線友部~内原間にメガソーラー設置

鉄道 企業動向
JR東日本は常磐線の友部~内原間に太陽光発電設備を設置すると発表。写真は常磐線の特急『ひたち』
JR東日本は常磐線の友部~内原間に太陽光発電設備を設置すると発表。写真は常磐線の特急『ひたち』 全 2 枚 拡大写真
JR東日本は4月3日、常磐線の友部~内原間(茨城県笠間市・水戸市)に大規模太陽光発電設備を設置すると発表した。4月に工事に着手し、本年度中の使用開始を予定している。

同区間に設置する太陽光発電設備の出力は4200kWで、設置面積は約6万9000平方メートル。年間の想定発電量は、一般家庭約1200世帯分となる約437万kWhという。

同社ではこれまでに東京駅や平泉駅、京葉車両センターなどに太陽光発電設備を導入しており、今後も導入拡大を検討していくとしている。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ