【北京モーターショー14】ベントレー、PHV を90%の車種に設定へ…2020年計画

自動車 ニューモデル モーターショー
ベントレー ハイブリッド コンセプト
ベントレー ハイブリッド コンセプト 全 1 枚 拡大写真
英国の高級車メーカー、ベントレーが4月20日、中国で開幕する北京モーターショー14で初公開する『ハイブリッド コンセプト』。同社が近い将来、ほぼ全てのモデルに、プラグインハイブリッド車(PHV)を設定する計画が判明した。

ハイブリッド コンセプトは、『ミュルザンヌ』をベースに開発。近い将来、ベントレーが市販車に導入するPHVシステムを、先行搭載したコンセプトカー。ベントレーは2017年に発売予定の新型SUVに、このPHVシステムを採用する方針。

4月9日、ベントレーのウォルフガング・シュライバー会長兼CEOは、「2020年までに、ベントレーの全ラインナップの最低でも90%に、プラグインハイブリッドを設定するつもりだ」と明かした。

この発言は、ベントレーが属するフォルクスワーゲングループが、環境対応車の主軸にPHVを位置づけていることと関係がある。2014年3月のジュネーブモーターショーで初公開した『ゴルフ GTE』は、年内に発売予定。中国ではアウディ『A6』のPHV、『A6 eトロン』もスタンバイ。

ベントレーのウォルフガング・シュライバー会長兼CEOは、「高級車分野でPHV開発の先駆者となることに、誇りを感じる」とコメントしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV