ホンダ、スクーターPCXとPCX150をフルモデルチェンジして発売へ…フロント・リアカウルを新設計

モーターサイクル 新型車
PCX (パールジャスミンホワイト)
PCX (パールジャスミンホワイト) 全 8 枚 拡大写真
ホンダは11日、スクーター『PCX』と『PCX150』をフルモデルチェンジし、PCXを4月24日に、PCX150は5月16日に発売すると発表した。

新モデルのスタイリングは、125ccの原付二種スクーターのPCX、150ccの軽二輪スクーターPCX150ともに、ヘッドライト、テールランプ、ウインカーランプ、ライセンスランプの全灯火器にLEDを採用したほか、新設計のフロント・リアカウルを採用して、外観を一新した。

エンジンは、耐久性と静粛性、燃費性能に優れたスクーター用グローバルエンジン「eSP(イーエスピー)」の一部を改良し、低・中速域の力強いトルク特性とすることで、両車種ともに燃費性能を向上した。なお、停車時の燃料消費、騒音、排出ガスを抑止するアイドリングストップシステムも継続して搭載している。

なお、eSPとは、enhanced(強化された、価値を高める) Smart(洗練された、精密で高感度な) Power(動力、エンジン)の略で、低燃費技術やACGスターターなどの先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたスクーター用エンジンの総称。

車体・足回りは、両車種ともに、従来モデル同様の大径14インチタイヤを前後に採用。リアタイヤには、転がり抵抗を軽減する低燃費タイヤを新たに採用し、燃費性能の向上に寄与しています。シートは、バックレスト一体型とし、ライディングポジションの自由度を高める形状としながら、良好な足着き性を確保している。

装備面では、両車種ともに燃料タンク容量を従来モデルの5.9リットルから8.0リットル(ホンダ測定値)に増やして、使い勝手を向上している。

《山内 博》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV