【ニューヨークモーターショー14】ジャガー XK に最終モデル…18年の歴史に幕

自動車 ニューモデル 新型車
ジャガー XK ファイナル フィフティ
ジャガー XK ファイナル フィフティ 全 2 枚 拡大写真
英国の高級車メーカー、ジャガーカーズは4月16日、米国で開幕したニューヨークモーターショー14において、『XKファイナル フィフティ』を初公開した。

同車は、ジャガーの最上級クーペ&コンバーチブル、『XK』シリーズの最後を飾るファイナルモデル。初代XKは1996年に発表。現行XKは2世代目で、2006年に登場した。このファイナルモデルをもって、ジャガーXKは18年の歴史に幕を下ろす。

XKファイナル フィフティは、車名が意味する通り、米国で50台を限定発売。これは、ジャガーカーズ伝説のスポーツカー、『Eタイプ』が、最後に50台を生産したことに由来する。XKファイナル フィフティでは、クーペとコンバーチブル各25台を設定。

ベース車両は、『XKR』。直噴5.0リットルV8スーパーチャージャーは、最大出力510ps、最大トルク63.8kgmを発生する。XKファイナル フィフティでは、「ダイナミックパック」と「パフォーマンスパック」を標準装備。エアロダイナミクス性能の向上などにより、最高速は250km/hから280km/hへ引き上げられた。0-96km/h加速は4.6秒。

ボディカラーは、ブラックのみ。コンバーチブルは、ソフトトップもブラックとなる。ボンネットフードは、最強グレードの『XKR-S GT』から移植。スポーツシートやスウェード仕上げのステアリングホイール、バウアーズ&ウィルキンス製オーディオ、専用ドアシルプレートも装備されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジャガー・XK
  • ジャガー・XK
  • ジャガー・XJ
  • ジャガー・XK
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2014/04/24/221948.html/article/2014/04/24/221947.html/article/2014/04/24/221949.html