タカタ通期決算…自動車生産回復などで国内外好調、営業益81.3%増

自動車 ビジネス 企業動向
タカタ製チャイルドシート「takata04-i fix」(参考画像)
タカタ製チャイルドシート「takata04-i fix」(参考画像) 全 1 枚 拡大写真
タカタは5月8日、2014年3月期(通期)の連結決算を発表した。

それによると、売上高5569億9800万円(前年同期比+34.0%)、営業利益262億7500万円(+81.3%)、経常利益は256億5600万円(+50.5%)、当期純利益は111億4400万円だった。

自動車生産の回復や円安効果などで、国内をはじめ、北米や欧州、アジアなど全地域で売上は上昇。また、利益についても、アジアと欧州での増益が寄与し、大幅に前期を上回るものとなった。

今期の業績見通しについては、売上高5600億円(+0.5%)、営業利益250億円(-4.9%)、経常利益245億円(-4.5%)、純利益160億円(+43.6%)とした。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 改善箇所
  • タカタ製エアバッグ(ホンダ車) (c) Getty Images
  • タカタ製エアバッグのリコール未改修車の車検停止措置拡大の概要
  • スバル・インプレッサ
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ