クライスラー、車体プレス加工品の生産増強へ…既存工場を拡張

自動車 ビジネス 企業動向
クライスラーグループの米国ミシガン州ウォーレン工場
クライスラーグループの米国ミシガン州ウォーレン工場 全 3 枚 拡大写真
米国の自動車大手、クライスラーグループは6月25日、米国ミシガン州のウォーレン工場に、6300万ドル(約65億円)を投資すると発表した。

ウォーレン工場は、操業開始から65年という老舗の車体プレス加工工場。今回の投資は、同工場の設備を拡張し、プレス加工品の生産能力を引き上げるのが目的。

具体的には、ウォーレン工場に新たなプレス加工ラインを設置。米国とカナダの合計5工場へ車体を出荷し、これら5工場の生産をサポートする。

同工場で生産する車体は、ジープ『チェロキー』、クライスラー『タウン&カントリー』、ダッジ『ダート』など。主に7車種用を生産中。

クライスラーグループの生産担当、マウロ・ピノ取締役は、「過去5年間で、我々の組み立て工場では生産が3倍に増え、車体プレス加工品の生産能力を引き上げてきた。今回の投資は、需要を満たすために行う」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • FCAジャパン代表取締役社長兼CEOのポンタス・へグストロム氏
  • ジープ コンパス
  • アイアコッカ氏(2006年)
  • FCAジャパンが取り扱う全ブランド「アルファロメオ」「フィアット」「アバルト」「ジープ」
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズグランクーペ プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ヤリス 次期型 高性能モデル(スクープ写真)
  • メルセデス AMG GLB45 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2014/06/27/226383.html/article/2014/06/27/226382.html/article/2014/06/27/226384.html