世界初のロボット白書を刊行、ロボット技術の現状と課題が一目瞭然…NEDO

自動車 ビジネス 企業動向
NEDOロボット白書2014
NEDOロボット白書2014 全 2 枚 拡大写真
NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)は7月17日、世界で初めて「ロボット白書」を発刊し、その概要についての説明会を行った。

その席上、ロボット・機械システム部の弓取修二部長は「ロボット技術が社会を支える基盤技術となり、社会を変革する可能性を秘めている」と強調し、こう付け加えた。

「先頭を走るわが国だからこそ羅針盤となる“白書”が必要であり、これを世界で初めてつくること、使いこなせることが、ロボット市場で勝ち抜くための大きなアドバンテージになる」

NEDOがこのような白書を刊行したのには危機感があった。というのも、日本は「ロボット大国」と言われているものの、電機産業のように「技術で勝ってビジネスに負ける」という状況に陥りかねないからだ。

そこで、白書ではロボットビジネス活性化のために、ロボット開発者ではなく、ユーザーの視点に着目して、現状認識、技術、課題、提言などを行っている。そして、その処方箋として、実例を数多く取り上げ、活性化策を提示している。

具体的な中身については、第1章の「ロボットの基本情報」から始まり、「ロボットの利用意義」「産業ロボットの現状と課題」「生活とサービス領域のロボット化事業」「フィールドロボットの現状と課題」「ロボットを社会に実装する方策」「各章の課題と提言」の7章で構成されている。しかも、それらをすべてNEDOのホームページからダウンロードできるようになっている。

現在、NEDOでは「ロボットといえばNEDO、NEDOといえばロボット」のかけ声のもと、ロボット事業に力を入れており、「ロボット白書」についてはこれから隔年で刊行していく計画だ。

《山田清志》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 円形断面型クローラー
  • 熱電発電モジュール
  • 太陽電池パネルを搭載した「プリウスPHV」実証車
  • イメージ 《写真AC》
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • VW ゴルフ GTE 新型(スクープ写真)
  • ブガッティ シロン ロングテール プロトタイプ
  • VW ゴルフ GTI TCR チューニングカー

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2014/07/19/228076.html/article/2014/07/19/228075.html/article/2014/07/19/228077.html