メルセデスベンツ Sクラス、3種類の派生車の追加が確定

自動車 ニューモデル 新型車
メルセデスベンツSクラス
メルセデスベンツSクラス 全 1 枚 拡大写真
ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツを代表する大型サルーン、『Sクラス』。同車の現行モデルから、新たな派生車種が計画されていることが判明した。

現行Sクラスには、4ドアが標準ボディとロングボディの2種類を設定。また、2ドアクーペも加わったばかり。現在のところ、3車種が用意されている。

7月30日、メルセデスベンツを擁するドイツの自動車大手、ダイムラーは、メルセデスベンツのドイツ主力工場、ジンデルフィンゲンへの投資計画を発表。この中で、「現行Sクラスに、さらに3つの追加バージョンを計画している」と明かした。

現時点では、この3つの派生車種の内容は公表されていない。しかし、超高級車のマイバッハの後継車となるハイエンドサルーンと、クーペボディのオープン版がスタンバイしている可能性が高い。

この3車種が登場すれば、現行Sクラスには、合計6ものバリエーションが揃うことに。ワイドなラインナップ構成は、Sクラスの長い歴史において、最多となる。

《森脇稔》

ピックアップ