マツダ アクセラ 一部改良…先進安全装備を充実させた 15Sツーリング を追加

自動車 ニューモデル 新型車
マツダ アクセラ 15Sツーリング
マツダ アクセラ 15Sツーリング 全 3 枚 拡大写真
マツダは、『アクセラ』のガソリンエンジン搭載車を一部改良し、9月1日より発売する。

今回の改良では、アクセラの1.5リットルガソリンエンジン車(2WD)に、上級機種「15Sツーリング」を新設する。

15Sツーリングは、日本メーカーの1.5リッタークラス車として初めてとなる、先進安全装備を各種採用。衝突被害をブレーキの自動制御で回避または軽減するスマート・ブレーキ・サポート(SBS)および、自動追従走行を可能にするマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)、走行時に必要な情報を表示するアクティブ・ドライビング・ディスプレイを搭載する。

そのほか、「15S」にスマート・シティ・ブレーキ・サポート(SCBS)&AT誤発進抑制制御と自動防眩ルームミラーを、「20Sツーリング」「20Sツーリング Lパッケージ」にハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)と車線逸脱警報システム(LDWS)を標準装備化するなど、先進安全装備を追加した。

価格は192万2400円から255万9600円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV