【モスクワモーターショー14】ブリヂストン初出展、テーマは「イノベーションで一人ひとりを支える」

自動車 ビジネス 企業動向
モスクワモーターショー14・ブリヂストン ブースイメージ
モスクワモーターショー14・ブリヂストン ブースイメージ 全 1 枚 拡大写真
ブリヂストンは、8月27日から9月7日の期間、モスクワで開催される「モスクワモーターショー2014」に初出展する。

今回のブーステーマは、ブリヂストングループが取り組む「イノベーションで一人ひとりを支える」。3月のジュネーブモーターショーに引き続き「イノベーティブな世界観」と「心地よい、おもてなし空間」をベースに、「環境」「安全・安心」「ワクワク」「プレミアム」のメッセージの下、3エリアに分けて同社グループの製品や技術を紹介する。

技術イノベーションゾーンでは、同社の技術イノベーションを代表する「ランフラットテクノロジー採用タイヤ」、「ECOPIA with ologic」、「エアフリーコンセプト」を展示する。

プレミアムカテゴリー商品ブランドゾーンでは、同社のグローバルタイヤブランドである「POTENZA」「TURANZA」の代表的な製品を展示する。

コミュニケーションゾーンでは、来場者をおもてなしするコーナーを設置し、顧客ニーズに合った専門スタッフが対応する。

このほか、ブース内特設モニターでは、ブリヂストンブランド/技術イノベーションをテーマとしたグローバル統一広告「THE MOMENT」および「ECOPIA with ologic」を放映する。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ