【新聞ウォッチ】日航ジャンボ機墜落きょう29年、「事故の教訓」再認識を

モータースポーツ/エンタメ 出版物
新聞ウォッチ イメージ
新聞ウォッチ イメージ 全 1 枚 拡大写真
気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2014年8月12日付

●スカイマーク7月堅調、平均搭乗率74%地方は苦戦(読売・8面)

●日航機墜落29年、御巣鷹に響く二重奏(読売・34面)

●7割、業績リーマン前に届かず、トヨタ下請け2万9300社、帝国データバンクが初調査(朝日・6面)

●国産ステルス1月 初飛行、4年で実用化判断、三菱重方針(毎日・1面)

●アギーレ新監督「18年W杯目指す」サッカー代表就任会見(毎日・1面)

●鳥衝突防止に鷹匠協力、成田,タカの威嚇効果期待(東京・2面)

●エアバス新型機エンジン、川重、共同開発へ、英ロールス・ロイスと(日経・1面)

●米テスラ、EVで旋風,車業界の常識、IT流で破る(日経・8面)

●台風11号、交通混乱や復旧続く(日経・39面)


ひとくちコメント

きょう8月12日は、520人が亡くなった日航ジャンボ機墜落事故から29年となる。空の安全や犠牲者の鎮魂を願い、昨夜は墜落現場に近い群馬県上野村のふもとを流れる神流川で、遺族らが灯籠流しを行った。

きょうは、遺族らによる慰霊の登山が行われ、慰霊碑「昇魂の碑」の前では、墜落時刻の午後6時56分に合わせて犠牲者に黙とうをささげる。

きょうの各紙も「日航機墜落29年」に関連した記事が多い。読売は「御巣鷹に響く二重奏」とのタイトルで、事故で母を亡くした東京の主婦、森下玲子さんが、次女と一緒にビオラとバイオリンの二重奏を「御巣鷹の尾根」で披露したことを伝えている。

朝日は日本航空の安全対策に焦点を当てて、「この1年、整備ミスが相次ぎ、安全意識に疑問符がついた。発生時から在籍する社員は今や1割。危機意識の継承が課題だが、遺族は厳しい視線を向けている」と報じている。

年月が過ぎ去るのは思いのほか早いが、今年に入ってからも航空機事故が相次いでいる。そのたびに1985年8月12日のあの惨事を思い浮かべて、事故の教訓が受け継がれているのだろうかと首を傾げてしまう。

その意味では朝日の「御巣鷹の教訓、継承に不安」という記事は、航空業界ばかりではなく、命を預かる鉄道やバス、船舶などを運航する人たち、さらに自動車を開発する技術者たちにも共通した課題である。

《福田俊之》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV