【トヨタ ランドクルーザー70 復活】世界の“酷道”で鍛え上げられた走行性能[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ ランドクルーザー 70シリーズ
トヨタ ランドクルーザー 70シリーズ 全 48 枚 拡大写真
トヨタ自動車は8月25日『ランドクルーザー70シリーズ』を発表した。2015年6月30日までの限定生産で、全国のトヨタ店(大阪地区は大阪トヨペット)での取り扱いとなる。

70系ランドクルーザーが2004年に日本から姿を消してから10年。新たなデザイン、進化した走行性能を身につけ、誕生から30年目の節目の年に日本復活を果たした。

オーストラリアの広大な自然、アフリカの過酷な大地など、世界中の様々な極地で鍛えられてきた日本が世界誇るヘビーデューティ「ランクル」は、今年でデビューから60年以上の歴史を持つ。

4WDシステムはパートタイム式が採用され、市街地や高速走行では低燃費に貢献する2WDを、不整地や雪道では4WDをドライバーが選択できる。さらに、前輪を自動でロックする「オートロック機構」、ロック状態を保てる「マニュアルロック機構」をもつ「デュアルモードオートマチックロッキングハブ」が搭載され、H2レンジ時での走行は経済性と静粛性を向上し、4WD走行時は滑りやすい路面での走破性を高めている。

メーカーオプションでは電動デフロックや電動ウインチも用意。悪路での脱出性を高める装備が用意されている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ