【トヨタ ランドクルーザー70 復活】すでに受注750台で計画上回るペース

自動車 ニューモデル 新型車
トヨタ ランドクルーザー70
トヨタ ランドクルーザー70 全 4 枚 拡大写真
『ランドクルーザー70シリーズ』(2モデル)の今回の期間限定販売は、2015年6月末までの生産分を対象に1年弱の実施となる。計画では月間200台の販売を見込んでいるものの、すでに先週22日までの事前受注は750台に達したという。

750台の内訳はバンが500台、ピックアップトラックが250台。限定期間内ではシリーズ合計で2000台強の販売を計画しているが、すでに3分の1程度に達している。開発責任者である商品企画本部の小鑓貞嘉チーフエンジニアによると、「すでに生産能力を超える受注をいただいている」という状況。

70シリーズはトヨタ車体吉原工場(愛知県豊田市)が担当しており、足元も海外向けのみで月間6500台から7000台レベルの生産が続いている。小鑓氏は「できるだけ多くの国内ファンの方にお届けしたい」という。だが、高水準の受注が続くと生産計画の見直しが必要であり、嬉しいジレンマとなりそうだ。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・ランドクルーザー・ヘリテイジ・エディション(米国仕様)
  • トヨタ・ランドクルーザー
  • トヨタ・ノア(2014年)
  • ダカールラリー2020参戦車両(1号車)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ