山口線のSL列車『やまぐち』、9月からC57復帰

鉄道 企業動向
JR西日本は8月29日、山口線のSL列車『やまぐち』の9月から11月までの運行計画を発表した。修理を終えたC57形蒸気機関車(C57 1)がけん引機として復帰する。

『やまぐち』は山口線の新山口(山口市)~津和野(島根県津和野町)間を結ぶSL列車。通常はC57 1がけん引しているが、7月13日にC57 1の動輪を支持する軸受け部分が高温になる不具合が確認されたため、7月19日からはディーゼル機関車のけん引に。8月15日からはC56形蒸気機関車(C56 160)とディーゼル機関車によるけん引に変更された。

このほどC57 1の修繕が完了したことから、9月以降の運転はC57 1が復帰。9月6日から11月23日までの土曜・休日(28日間)に新山口~津和野間を1往復する。運行時刻は現行と同じで、往路が新山口10時48分発~津和野12時58分着、復路が津和野15時45分発~新山口17時30分着になる。

《草町義和》

ピックアップ

Response.TV