三菱 デリカD:3 を一部改良…横滑り防止装置を全車標準装備

自動車 ニューモデル 新型車
三菱・デリカD:3
三菱・デリカD:3 全 1 枚 拡大写真
三菱自動車は、5ナンバーミニバン『デリカD:3』の全車にアクティブスタビリティコントロール(ASC)を標準装備とするなど一部改良を施し、9月19日から販売を開始した。

今回の一部改良では、車両の横滑りを抑えて走行を安定させるアクティブスタビリティコントロールを全車に標準装備し、安全性を向上させた。

また、ボディカラー展開を見直し、グレーイッシュブラウンパールとブルーマイカを新たに設定したほか、シート中央部のシート生地を、ブルーのエンボス調から、落ち着きのあるブラックのエンボス調に変更した。

価格は200万8800円から210万6000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産セレナ(2011年)
  • 改善箇所
  • 日産セレナ(2012年)
  • 西尾張三菱自動車販売が展示した『デリカD:5』のキャンピングカー
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2014/09/19/232940.html/article/2014/09/19/232939.html/article/2014/09/19/232941.html