【メルセデスベンツ Sクラス クーペ 発表】ヘッドライトに47個のスワロフスキー、ウインカーに30個のクリスタル

自動車 ニューモデル 新型車
メルセデスベンツ・Sクラス クーペ
メルセデスベンツ・Sクラス クーペ 全 8 枚 拡大写真
メルセデスベンツ『Sクラスクーペ』は、モータースポーツのスピリットを体現したスポーツドグリルが採用されている。

「自動車メーカーとして(自社を象徴する)フロントグリルを2種類持っているのはメルセデスだけだ」と話すのはダイムラー社乗用車エクステリアデザイン統括のロバート・レズニック氏。

「『Sクラスセダン』は、3次元のクロームフレームでボンネットの上にスリーポインテッドスターが乗っている。そしてもうひとつはスポーティなグリル。グリルの真ん中にスリーポインテッドスターが付いており、最高のモータースポーツのスピリットを持っているものだけが、採用されており、新型Sクラスクーペはこのグリルが装着されている」

フロント周りの特徴として、レズニック氏は、ヘッドライトを挙げる。「人間の目と同じように、ヘッドライトはクルマの目を表している。他社はアグレッシブだけを求めるが、我々はそれだけではなく、スポーティでありながら、スタイリッシュさも表現している」と話す。

そのLEDハイパフォーマンスヘッドライトには片側47個のスワロフスキークリスタルが組み込まれた。更に、30個のクリスタルをウインカーに、17個のカットクリスタルをポジショニングライトに配置された。

レズニック氏は、「LEDヘッドライトを点灯すると、まるで“刺すような”照射になる。それを和らげたいと考え、スワロフスキーを付けることにした」と機能から採用したことを強調する。それと同時に、「メルセデスベンツのデザイン哲学、モダンラグジュアリーを踏まえ、知性と美しさを両立させたのだ。このインスピレーションは宝石箱から得たものだ」と語った。

《内田俊一》

この記事の写真

/

ピックアップ