JR東日本、拝島駅に昇降式ホームドア試験導入へ

鉄道 企業動向
JR東日本は拝島駅の八高線上りホームに昇降式ホーム柵を試験的に導入することを発表した。写真は相鉄いずみ野線弥生台駅に設置された昇降式ホーム柵。
JR東日本は拝島駅の八高線上りホームに昇降式ホーム柵を試験的に導入することを発表した。写真は相鉄いずみ野線弥生台駅に設置された昇降式ホーム柵。 全 3 枚 拡大写真
JR東日本は12月16日、拝島駅(東京都昭島市)に昇降式ホーム柵を試行導入すると発表した。同駅の八高線上りホームに4両分のホーム柵を設置する。2015年3月の導入を予定している。

拝島駅に試行導入されるのは、列車の発着に応じて3本のバーが昇降するタイプのもの。JR東日本によると、昇降式ホーム柵は山手線のホームドアに比べて軽いことからコストを低減できる。また、開口部を広く取ることができるため、扉の位置が違う車両にも対応できるといった利点もある。

JR東日本は山手線でホームドアの整備を順次進めているが、今年11月には京浜東北線の大井町駅にホームドアを整備する方針を発表しており、今後は山手線以外の路線でもホームドア導入の検討が進むとみられる。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 道南いさりび鉄道の「ながまれ海峡号」。
  • 7月30日限りで引退する200形電車。1969年に登場した元南海22000系で、熊本電鉄に導入後はATSが追加され201A・202Aとなり、前面にスカートが取り付けられた。
  • JR北海道の島田修社長は、2021年度以降に発生する北海道新幹線高速化工事の費用について国の支援を要請。整備新幹線の貸付料の控除についても期待感を示したという。写真は運行最終日の3月31日に石勝線夕張支線夕張駅で挨拶をする島田社長。
  • 羽田空港 国際線旅客ターミナル拡張部分
  • 1936年の改築以来、83年を経た長井駅。
  • 現在、金沢~敦賀間が建設中となっている北陸新幹線だが、総事業費の上昇で2018年度の評価では費用便益比が1以下となり、改善の必要性が指摘された。写真はJR西日本のW7系新幹線車両。
  • 夢洲直通列車の運行が予定されている近鉄奈良線。
  • BRT化が復旧策として俎上に載ろうとしている日田彦山線の不通区間。写真はJR東日本気仙沼線のBRT。

ピックアップ