86 / BRZ の簡単カスタム&メンテツールを試す …操作はスマホやタブレットから[動画]

自動車 ビジネス 企業動向
ツールプラネットのOBD2接続デバイス「TPM-X」を86でテスト
ツールプラネットのOBD2接続デバイス「TPM-X」を86でテスト 全 5 枚 拡大写真
スキャンツールの販売を手がけるツールプラネットは、トヨタ『86』/スバル『BRZ』のカスタマイズやメンテナンスが手軽にできる新製品「TPM-X」を近く発売する。

ツールプラネットは整備工場向けに自動車用故障診断機を開発、販売している企業。その知見を活かし、故障診断(エラーコードの読み取り)、実測値の表示、カスタマイズなどを行うことができる「TPM-X」を開発した。ケーブルで車両のOBD2端子に接続して使用する。操作はウェブブラウザ経由で行うため、スマートフォンやタブレットなど身近なデバイスを用いることが可能だ。

今回は、ヘッドライトの点滅操作、スピードメーターのアクティブテスト、スマートエントリー時の消音カスタマイズ、ウィンドウの開閉操作を試し、動画で紹介する。これまではディーラーでしか対応できなかったカスタマイズが、自ら手軽に行えるメリットは大きいと言えるだろう。


《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • レクサス LC 500 コンバーチブル の量産第一号車
  • ロールスロイス・ゴースト 次期型のティザースケッチ
  • マツダ3 の2.5ターボ(北米仕様)
  • ロールスロイス・ゴースト 次期型のティザースケッチ
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ