【デトロイトモーターショー15】ポルシェ カイエン に最強の「ターボS」…4.8リットルV8ツインターボは570ps

自動車 ニューモデル モーターショー
ポルシェ カイエン ターボS(デトロイトモーターショー15)
ポルシェ カイエン ターボS(デトロイトモーターショー15) 全 8 枚 拡大写真
ドイツの高級スポーツカーメーカー、ポルシェは2015年1月12日、米国で開幕したデトロイトモーターショー15において、新型『カイエン ターボS』を初公開した。

同車は、『カイエン』シリーズの頂点に立つ高性能グレード。歴代カイエンに用意されてきた「ターボS」が、最新のカイエンにもラインナップされている。

カイエン ターボSのベース車両は、『カイエンターボ』。4.8リットルV型8気筒ツインターボエンジンを、ターボS専用チューニング。最大出力は570ps、最大トルクは81.6kgmと、圧倒的パワー&トルクを獲得する。これは、従来のターボS比で、20ps、5.1kgmの強化にあたる。

カイエン ターボSは、8速ティプトロニックSとの組み合わせで、0-100km/h加速4.1秒、最高速284km/hと、SUVとして異例のパフォーマンスを実現した。

もちろん、パワーアップに対応して、サスペンションやブレーキを強化。ブレーキは、PCCB(ポルシェ・コンポジット・セラミック・ブレーキ)が標準。内外装にも、多くの専用装備が採用されている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/01/13/241499.html/article/2015/01/13/241498.html/article/2015/01/13/241500.html