日本政府、ミャンマーとカンボジアを結ぶ高速鉄道建設を支援

エマージング・マーケット 東南アジア
関連画像
関連画像 全 1 枚 拡大写真
鉄道建設で基本的合意か
タイメディアは1月28日、タイを訪問中の和泉洋人首相補佐官がプリティヤトン(Pridiyathorn Devakula)副首相と会談し、ミャンマー南東部からカンボジアを結ぶ高速鉄道建設について基本的合意に達したと報じた。

プリティヤトン副首相によると、和泉首相補佐官より、同鉄道建設の支援をする準備があることを伝えたとのこと。

鉄道のルートは、タイとミャンマーが共同開発しているミャンマー南東部の「ダウェー(Dawei)経済特区」からカンチャナブリ(Kanchanaburi)のバンプーナムロン(Ban Phu Nam Ron)、バンコク(Bangkok)、チャチェンサオ(Chachoengsao)、サケーオ県(Sa Kaeo)のアランヤプラテート(Aranyaprathet)地区を経由。

カンチャナブリを通ってミャンマーに続くルートは、映画「戦場にかける橋」でも知られる「泰緬鉄道」と同じルートである。

ダウェイプロジェクトの協力にも期待
タイのプラユット(Prayut Chan-o-cha)首相は2月8日から9日にかけて訪日予定となっており、このときに鉄道建設に関する覚書に署名するとみられている。

また、同首相は訪日中に、日本のミャンマー支援にについても話し合う予定にしているようだ。

日本政府は開発がなかなか進まないダウェイプロジェクトの第三のパートナーとして歓迎されており、ダウェイの深海港建設の支援などを希望している。

プリティヤトン副首相は現地メディアに「もし日本がプロジェクトに加われば、ダウェイ開発は迅速な進展が見られるだろう」(mizzimaより)と述べ、日本への期待をあらわしている。

(画像はmizzimaより)

まるで「戦場にかける橋」:日本政府がミャンマーとカンボジアを結ぶ鉄道建設を支援

《ミャンマーニュース》

この記事の写真

/
Response.TV