日本精工、第3四半期決算は増収増益…産業界は国内外ともに穏やかな回復傾向

自動車 ビジネス 企業動向
日本精工(ウェブサイト)
日本精工(ウェブサイト) 全 1 枚 拡大写真
日本精工は2月2日、2014年4-12月期(第3四半期累計)の連結決算を発表した。それによると、売上高は7119億0300万円(前年同期比+11.6%)、営業利益は670億2100万円(+49.9%)、経常利益は668億3300万円(+48.8%)、四半期純利益は437億2500万(+176.7%)だった。

産業機械事業は、世界全体で緩やかな回復傾向が続いており、国内でもスマートフォン関連設備需要が好調に推移し、売上高は増収となった。自動車事業は中国市場の伸びに鈍化がみられたものの、欧州系・日系向けを中心に自動車軸受の売上高が増加。電動パワーステアリングの新規受注効果も寄与して大幅な増収増益となった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。

《成瀬雄太@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 走行中ワイヤレス給電インホイールモーターを搭載した実車での走行デモ
  • 第3世代走行中ワイヤレス給電インホイールモータ
  • 電気自動車が走行中に給電する様子(イメージ)
  • 上海モーターショー2019日本精工ブースイメージ
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ