JAXA、ISSの日本実験棟「きぼう」からブラジル宇宙機関の超小型衛星を放出

宇宙 テクノロジー
国際宇宙ステーション 日本実験棟「きぼう」
国際宇宙ステーション 日本実験棟「きぼう」 全 1 枚 拡大写真
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」から、ブラジルの宇宙機関が開発した超小型衛星を2月5日に放出すると発表した。

現在きぼうでは、ブラジル国立宇宙研究所(INPE)、ブラジル航空技術大学(ITA)が開発した超小型衛星「AESP14」の放出に向けた準備を行ってる。

AESP14は、きぼうからの超小型衛星の放出機会提供(有償)を利用し、有人宇宙システムがブラジル宇宙庁の要請を受けて打上げる。

1月29日には、米航空宇宙局(NASA)のバリー・ウィルモア宇宙飛行士が、筑波宇宙センターの運用管制要員と連携して、JAXAが開発した小型衛星放出機構(J-SSOD)を、きぼうのエアロックのスライドテーブルに取り付ける作業を行った。

2月4日にはエアロックの減圧作業を行い、AESP14は2月5日の夜に放出される予定だ。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV