ISS「きぼう」日本実験棟から超小型衛星を放出…ブラジル宇宙機関が開発

宇宙 テクノロジー
AESP14の放出の様子
AESP14の放出の様子 全 1 枚 拡大写真
宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2月5日午後9時50分に、国際宇宙ステーション(ISS)「きぼう」日本実験棟からブラジル国立宇宙研究所(INPE)、ブラジル航空技術大学(ITA)が開発した超小型衛星AESP14が放出されたと発表した。

放出は、筑波宇宙センターの「きぼう」運用管制チームからのコマンドにより実行された。

今回で小型衛星放出機構(J-SSOD)を使用した放出としては3回目(10基目)、「きぼう」からの超小型衛星放出は6回目(56基目)となった。

J-SSODは、CubeSat規格の超小型衛星を、「きぼう」のエアロックから搬出して放出機構で打出し、軌道に乗せるため、JAXAが開発した機構。

AESP14は、1月12日にドラゴン補給船運用5号機(SpX-5)でISSに運ばれ、1月29日に「きぼう」のエアロック内にセットされ、2月4日には「きぼう」エアロックの減圧が行われ放出準備を行ってきた。

今後、ブラジルの宇宙機関がAESP14を運用する。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV