『グランツーリスモ』から生まれたプロレーサー、リアルのレースでついに優勝

モータースポーツ/エンタメ ゲーム
「GTアカデミー」卒業生がバサースト12時間レースで総合優勝、『グランツーリスモ』から生まれたプロレーサー
「GTアカデミー」卒業生がバサースト12時間レースで総合優勝、『グランツーリスモ』から生まれたプロレーサー 全 3 枚 拡大写真
レーシングゲーム『グランツーリスモ』シリーズを通じ、ヨーロッパやアメリカで実施されているドライバー育成プログラム「GTアカデミー」。その卒業生であるウォルフガング・ライプ選手とフローリアン・ストラウス選手が、日本人ドライバー千代勝正選手と共にバサースト12時間レースで総合優勝しました。

「GTアカデミー」は、2008年にソニー・コンピュータエンタテインメント・ヨーロッパと日産ヨーロッパ、そしてポリフォニー・デジタルのコラボレーションで生まれたコンペティション。『グランツーリスモ』シリーズにてオンライン予選が行われています。ナショナルファイナルに勝ち残った参加者は、レースキャンプコンペティションへと進み、審査を通過するとプロのレースドライバーになります。

今回のバサースト12時間レースで総合優勝を決めた日産アスリートグローバルチームのウォルフガング・ライプ選手は2012年ヨーロッパチャンピオン、フローリアン・ストラウス選手は2013年ドイツチャンピオン。レースでの搭乗車両はGT-R NISMO GT3で、日産車による同レースの総合優勝は、23年ぶり2度目の快挙です。
【ウォルフガング・ライプ選手のコメント】
「僕のスティントの時ばかりでないのですが、とにかく追い越し禁止区間が多く、フラストレーションの溜まるレースでした。最後に千代が力を振り絞って優勝を勝ち取ってくれました。本当に素晴らしいです!」

【フローリアン・ストラウス選手のコメント】
「僕のスティントはブレーキが心配であまりプッシュできず、トップを取り返すことができなかったのが残念でした。しかし今日ここに来られなかったアレックスと、生まれたばかりの彼のベイビーに優勝をプレゼントできて嬉しいです!」
ゲームから誕生したプロレーサーが成し遂げた総合優勝。ゲームが持つ可能性を示しているのではないでしょうか。

「GTアカデミー」卒業生がバサースト12時間レースで総合優勝、『グランツーリスモ』から生まれたプロレーサー

《水京》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  2. 【シトロエン C3エアクロス 海外試乗】マイチェンを経てなお、成熟したスモールSUV…南陽一浩
  3. 【ホンダ シビック 新型試乗】硬質感ある乗り心地も、走るほどに好感触…中村孝仁
  4. 新型『インテグラ』はターボチャージャーエンジン搭載?…今週読まれた記事ランキング
  5. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  6. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】私がラリーで使うなら『BRZ』を選ぶかな…竹岡圭
  7. 大型タブレットを設置&充電、ドリンクホルダー設置型車載ホルダー登場
  8. ポルシェ タイカン、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンと共演…30年前の未来が現実に[動画]
  9. ランドローバー レンジローバー 新型、10月26日デビューが決定
  10. 最近のクルマはなぜステアリングが太いのか?
ランキングをもっと見る