KaVAが活動銀河核の詳細なイメージングに成功…山口大の新沼氏を中心とした研究チーム

宇宙 科学
上段が3C 273、下段がM87のイメージング。観測周波数は23GHz。 左:VERAのみのイメージング。中央:KaVAによるイメージング。中心核からジェットが噴き出す様子も見える。 右:uv平面(基線の軌跡)を示し、点が多くて分布が均一なほど観測条件が良い。赤い点はVERAのみの場合で、黒い点を含めたKaVAの方が好条件となる
上段が3C 273、下段がM87のイメージング。観測周波数は23GHz。 左:VERAのみのイメージング。中央:KaVAによるイメージング。中心核からジェットが噴き出す様子も見える。 右:uv平面(基線の軌跡)を示し、点が多くて分布が均一なほど観測条件が良い。赤い点はVERAのみの場合で、黒い点を含めたKaVAの方が好条件となる 全 1 枚 拡大写真
国立天文台は、山口大学の新沼浩太郎氏を中心とした研究チームが日韓合同VLBI観測網KaVAを使って、活動銀河核の詳細なイメージング(電波撮像)に成功したと発表した。

今回の観測対象は、おとめ座にあるクエーサー3C273や巨大な活動銀河M87など。これらの天体は活動銀河核からジェットを放射する構造で知られている。

ジェットのガスは薄く広がっており、電波も弱いため、観測には多くの望遠鏡と短い基線が必要になる。VERAは、望遠鏡が4台で、基線が長いため、その姿を捉えるのは難しかった。

一方、VERAとKVN(韓国VLBIネットワーク)が連携したKaVAは、7台の望遠鏡があり、短い基線も増えるため、VERAのみで観測するより高い感度で観測することが可能となる。

今回、観測対象の天体が放出しているジェットのイメージングに成功した。これによってKaVAがジェットを見るのに強力な装置であることが示されたとしている。

今後、KaVAによるモニター観測などを継続し、ジェット構造やその加速メカニズムの解明などに役立つことが見込まれている。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 国立天文台天文情報センター暦計算室
  • ふたご座流星群が極大 2016年12月13日(火)22時ごろ 東京の星空 (c) 国立天文台 天文情報センター
  • 観測提案が提出された地点
  • 自然科学研究機構・野辺山展示室
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 謎の開発車両(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真

ピックアップ

Response.TV