KaVAが活動銀河核の詳細なイメージングに成功…山口大の新沼氏を中心とした研究チーム 1枚目の写真(全1枚)

上段が3C 273、下段がM87のイメージング。観測周波数は23GHz。 左:VERAのみのイメージング。中央:KaVAによるイメージング。中心核からジェットが噴き出す様子も見える。 右:uv平面(基線の軌跡)を示し、点が多くて分布が均一なほど観測条件が良い。赤い点はVERAのみの場合で、黒い点を含めたKaVAの方が好条件となる
出典:国立天文台 VERA 上段が3C 273、下段がM87のイメージング。観測周波数は23GHz。 左:VERAのみのイメージング。中央:KaVAによるイメージング。中心核からジェットが噴き出す様子も見える。 右:uv平面(基線の軌跡)を示し、点が多くて分布が均一なほど観測条件が良い。赤い点はVERAのみの場合で、黒い点を含めたKaVAの方が好条件となる

ピックアップ