京セラ、サファイアガラス採用のタフネススマホを米で先行発売

エンターテインメント 話題
「Dura」ブランドでは第2弾モデル。防水・防塵のほかMIL-810Gをクリアしている「Kyocera DuraScout」
「Dura」ブランドでは第2弾モデル。防水・防塵のほかMIL-810Gをクリアしている「Kyocera DuraScout」 全 2 枚 拡大写真
 京セラが、サファイアガラスを採用したタフネススマートフォン「Kyocera DuraScout」を米国で発売した。防水・防塵・耐衝撃性能も備え、米国での価格は445ドル。

 京セラの「Dura」ブランドでは第2弾モデル。表面のガラスはKyocera Sapphire Shieldをあしらい、IP68の防水・防塵のほか、MIL-810Gをクリアした耐衝撃、耐振動、耐温度、耐圧、耐高度、耐雨、耐湿度機能を搭載する。第1弾モデルの「DuraForce」とスペックは同等でサファイアガラスを採用し、デザインがタフネスさを強調したものに変更されている。

 仕様は4.5インチ(1280×720ピクセル)、OSはAndroid 4.4、プロセッサはSnapdragon 400 MSM8928(1.4GHz・クアッドコア)、メモリ2GB、ストレージ16GB。カメラは800万画素/200万画素。ディスプレイ部全体を広範囲に振動させることで、クリアに相手の声を伝える京セラ独自の「スマートソニックレシーバー」も搭載する。

 ネットワークはLTE(FDD-LTE)/3G/GSMに対応。 IEEE802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0、NFC、Miracastをサポートする。本体サイズは、幅68.4mm×高さ136.4mm×奥行13.2mm、重量は187g。

京セラ、サファイアガラス採用のタフネススマホ「Kyocera DuraScout」

《関口賢@RBB TODAY》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 小田原市で実施する再生可能エネルギーとEVを活用した地域コングロマリッド構築の概要
  • 視覚障がい者歩行支援システム「VAシステム」、京セラが発表---体験コーナーも開設
  • “空飛ぶドローン中継局”として開発された試作機
  • CES2020のメイン会場となるラスベガス・コンベンション・センター(LVCC)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型プロトタイプ(スクープ写真)