【ジュネーブモーターショー15】レンジローバー イヴォーク、2016年型初公開…ランドローバー史上、最高燃費

自動車 ニューモデル 新型車
レンジローバー イヴォーク の2016年モデル(ジュネーブモーターショー15)
レンジローバー イヴォーク の2016年モデル(ジュネーブモーターショー15) 全 11 枚 拡大写真
英国の高級SUVメーカー、ランドローバーは3月3日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー15において、『レンジローバー イヴォーク』の2016年モデルを初公開した。

レンジローバー イヴォークは、2011年に発表。以来、累計生産台数40万台を超えるヒット作になった。ジュネーブモーターショー15で初公開された2016年型は、デビューからおよそ5年を経て、初の大幅改良が施されたモデル。

外観は、フロントマスクを中心に、変更。バンパーやグリルのデザインも新しい。大きな特徴が、ランドローバーとしては初のフルLEDアダプティブヘッドランプの採用。ランドローバーは、「夜間の視認性の向上、コーナリング走行時の安全性の向上、個性的なヘッドランプデザインなどの長所がある」と説明する。

室内は、シートやドアトリムが新デザイン。ソフトタッチ素材を採用するなど、インテリアのグレードアップが図られた。新開発の8インチモニターを核にしたインフォテイメントシステムも設定。

ジュネーブモーターショー15のプレスカンファレンスでは、2016年モデルのパワートレインの詳細を発表。ジャガー・ランドローバーの新世代「インジニウム」が、レンジローバー イヴォークに初搭載された。

ターボディーゼルの「TD4」エンジンは、ベースユニットで最大出力150psを引き出す。欧州複合モード燃費は23.8km/リットル、CO2排出量109g/km。同社は、「ランドローバー史上、最も燃費性能に優れる量産車」と、燃費の良さをアピールしている。

《森脇稔》

【画像】【ジュネーブモーターショー15】レンジローバー イヴォーク、2016年型初公開…ランドローバー史上、最高燃費(11枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. メルセデスベンツ、PHEV開発終了へ...2020年代終わりにはMTも廃止に
  2. スバル レヴォーグ に新型 WRX ゆずりの2.4Lボクサー搭載か!? 10月登場の噂
  3. トヨタ、10月も国内14工場27ラインで延べ135日稼働停止へ
  4. 水素カローラ出力アップ、タイムも飛躍的向上…スーパー耐久 第5戦
  5. 「ワンストップ型ETC」社会実験を実施へ 本町山中有料道路
  6. スバル WRX 30年の歴史---新型は2022年発売[フォトヒストリー]
  7. トヨタのミニバン、エスクァイア が生産終了…7年の歴史に幕 12月
  8. 交通事故多発交差点、全国ワースト10…大阪市内5か所がランクイン
  9. 【BMW R18B 海外試乗】新時代のジャーマンクルーザーは“音響”にも妥協なし…青木タカオ
  10. GT-Rを生んだプリンス自動車をご存知ですか?
ランキングをもっと見る