日本国内で役目終えた福祉車両、47台をミャンマーへ寄贈

エマージング・マーケット 東南アジア
関連画像
関連画像 全 1 枚 拡大写真
日本財団が行う「中古福祉車両海外寄贈プロジェクト」に参画
中古自動車の販売や輸出入を手がける株式会社ビィ・フォアード(以下「ビィ・フォアード」)は、公益財団法人日本財団(以下「日本財団」)と同財団が行う「中古福祉車両海外寄贈プロジェクト」の国内業務委託契約を締結したことを発表した。


日本財団は2007年より、日本国内で役割を終えた走行可能な車両を回収。救急車などの医療関係車両に改装修理を行い、ペルー、カンボジア、スリランカ、インドネシアなどの国々に寄贈している。

ビィ・フォアードはこの「中古福祉車両海外寄贈プロジェクト」に参画し、国内の車両回収業務をはじめ、輸出までの保管業務や名義変更などの登録業務を担当することとなった。

今年7月にはミャンマーへ47台輸出予定
ビィ・フォアードによると、輸出業務や救急車への改装業務、現地での納品等の一連の業務委託については調整中とのこと。

一方、第一弾として2015年7月頃には、ミャンマーへ向け47台の車両を輸出する予定。そのための作業が進められている。

ビィ・フォアードはこのプロジェクトを通して、改装業務を担当する現地自動車整備工場への設備・技術支援も目指し、現地の医療環境だけでなく、自動車整備工場の環境改善にも努めていくようである。

(画像はプレスリリースより)

【ビィ・フォアード】中古福祉車両海外寄贈プロジェクト参画:7月にミャンマーへ47台輸出

《ミャンマーニュース》

この記事の写真

/

編集部ピックアップ

Response.TV