【ATTT15】メルセデスが初出展、インテリジェント ドライブの同乗体験も

自動車 ビジネス 企業動向
ATTT15 メルセデス・ベンツ日本 インテリジェント ドライブ 体験試乗
ATTT15 メルセデス・ベンツ日本 インテリジェント ドライブ 体験試乗 全 6 枚 拡大写真
メルセデス・ベンツ日本は3月11日に東京ビッグサイトで開幕した第6回国際自動車通信技術展(ATTT)に初出展。安全運転支援システム「インテリジェント ドライブ」のパネル展示に加えて、屋外展示会場で同システムの体験試乗も行っている。

インテリジェント ドライブは車の全周をカバーする6個のレーダーセンサーとステレオカメラで得られたデータをもとに、アクセルやブレーキ、ステアリングを自動でアシストする部分自動運転を実現するシステムの総称。先行車の速度に応じた車間距離を維持するディストロニック・プラス、飛び出し検知機能付きブレーキアシスト・プラス、アクティブレーンキーピングアシストなど複数の支援システムで構成される。

メルセデス・ベンツ日本のブースではこのインテリジェント ドライブの機能をパネルで紹介するとともに、同システムを搭載した『C180アバンギャルド』を展示している。インテリジェント ドライブは『Sクラス』を始め、『Eクラス』、『Cクラス』など順次搭載が拡大しているが、メルセデス・ベンツ日本の亀岡徹営業企画部統括マネージャーによると「Cクラスでの装着率は9割に達している」という。

また屋外展示会場では『Bクラス』によるインテリジェント ドライブの同乗体験もできるようになっている。会場の都合上、直線路での先行車との追従走行および自動減速、停止のみのデモンストレーションだが、部分自動運転の一端を垣間見ることができる。

《小松哲也》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • エスディーテック株式会社鈴木啓高取締役資料より
  • 高頻度滞在場所
  • 株式会社IDOM 執行役員 新規事業開発室長の北島昇氏
  • “タクシー王子”の異名を持つ日本交通の川鍋一朗代表取締役会長が登壇
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2015/03/12/246386.html/article/2015/03/12/246385.html/article/2015/03/12/246387.html