【ランドローバー ディスカバリースポーツ 発表】多用途性への特化こそディスカバリーの魂

自動車 ニューモデル 新型車
ランドローバー ディスカバリー スポーツ
ランドローバー ディスカバリー スポーツ 全 8 枚 拡大写真
ジャガー・ランドローバー・ジャパンは間もなくランドローバーの新型車『ディスカバリー スポーツ』を発売する。それに先駆けて、表参道ヒルズ(東京都渋谷区)において、一般公開イベントを開催した。

ランドローバー社では現在、レンジローバーシリーズ、ディスカバリーシリーズ、ディフェンダーシリーズの3本の柱がある。今回発売されるディスカバリー スポーツは、ディスカバリーシリーズに属し、従来の『ディスカバリー』の入門車に位置するクルマで、シリーズ初の追加車種である。

レンジローバーシリーズと、ディスカバリーシリーズの棲み分けについて、同社マーケティング・広報部ディレクターの若林敬市さんは、「レンジローバーは“リファインメント”と呼んでおり、洗練された、ソフィスティケイトされた、あるいはより上級な、上質なというところを目指している」という。この方向性は、ランドローバー全体が目指しているものだが、レンジローバーシリーズはそこに特化しているのだ。

それに対し、ディスカバリーシリーズは“バーサディリティ”、つまり多用途性を特に強化しているモデルとなる。この多用途性においては「レンジローバーシリーズよりもはるか上」だと若林さん。具体的には、「このボディサイズで3列目のシートが用意され、そのシートを使用しない場合では、荷室の大きさや、セカンドシートの居住性はレンジローバーの上級モデルに属するくらいの広さを持っており、そういった様々な用途に使えることに力を入れているクルマなのだ」と説明した。

《内田俊一》

この記事の写真

/

ピックアップ