フェラーリの新拠点、コーンズ名古屋がオープン

自動車 ビジネス 国内マーケット
コーンズ名古屋オープン
コーンズ名古屋オープン 全 8 枚 拡大写真
コーンズ・モータースは3月20日、既存の名古屋市中区栄ショールームから移転し、新築したフェラーリの新ショールーム、「コーンズ名古屋」を名古屋市千種区にオープンした。

1988年に同社が名古屋に初めてショールームをオープンしたのが、今回と同じ千種だった。「この地で改めてスタートするにあたり、本年は昨年よりも大きな実績を目指して頑張っている」とは、コーンズ・モータース代表取締役社長の猿丸安人氏の弁。

2014年、名古屋では前年の実績を上回る数字を上げており、2015年はその傾向を更に強めることを目指している。「名古屋を中心とした東海地区、あるいは、北陸方面までフェラーリビジネスを積極的に展開したい」と意気込みを語る。

名古屋の特徴として猿丸氏は、「スーパーカーが好きな方が多くいる地域と認識しているので、そういった方に満足してもらえるようなサービスを提供していきたい」という。

具体例として、コーンズで新車を購入したユーザーだけでなく、中古車やサービスでの入庫した方も対象に、近年力を入れて開催しているサーキットイベント挙げ、「名古屋であれば鈴鹿サーキットという素晴らしい環境があるので、フェラーリのパフォーマンスを十分引き出していけるような環境を提供していきたい」と述べた。

コーンズ名古屋では、3月20日から22日までオープニングフェアを開催。ショールームにはフェラーリ・テーラーメイドで発注された『カリフォルニアT』と『F12ベルリネッタ』が国内初公開、特別展示されている。

《内田俊一》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV
{* コンポーネント名 : 【AD】【/body 前】スマホ_オーバーレイ 説明 : スマホ用 body前にオーバーレイ広告を表示します。 ファイル名 : ad-s-bodyb-overlay.tpl *}