国土交通省など、ヘリコプター操縦士を確保するための関係省庁連絡会議を設置…今夏に結論

航空 行政
エアバス・ヘリコプターズ、AS365 N3+(参考画像)
エアバス・ヘリコプターズ、AS365 N3+(参考画像) 全 1 枚 拡大写真
国土交通省は、ヘリコプター操縦士の養成・確保に乗り出すと発表した。

公共性の高いドクターヘリや消防・防災ヘリなどのヘリコプター操縦士の需要が増大しており、ヘリコプター操縦士の養成・確保が重要な課題となっている。国交省では、厚生労働省、総務省消防庁、警察庁、防衛省、海上保安庁とともに、関係省庁連絡会議を設置し、ヘリコプター操縦士の養成・確保のあり方について検討する。

民間養成機関における課題と対策や、航空大学校を活用するなど、民間養成機関への支援、退職自衛官や外国人など、即戦力となる既資格取得者の活用などを検討する。

3月26日に1回目の連絡会議を開催し今夏をメドに一定の検討結果をとりまとめる。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • (イメージ)
  • 令和2年7月豪雨の被害(球磨郡、7月8日)
  • 総理大臣に就任した菅氏(9月14日)
  • 歩行空間ネットワークデータを活用して実現するサービスのイメージ
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG
  • フェラーリ ポルトフィーノ 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ