【ソウルモーターショー15】ジヤトコ、新世代CVTを出展

自動車 ビジネス 企業動向
ジヤトコ(ブースイメージ)
ジヤトコ(ブースイメージ) 全 1 枚 拡大写真
ジヤトコは、4月3日から12日まで、韓国国際展示場で開催される「ソウルモーターショー2015」に出展する。

ジヤトコは、1998年にジヤトコ韓国エンジニアリング社(JKE)をソウルに設立し、続いて2004年にはジヤトコ韓国サービス社(JKS)を設立。進出以来15年を経て、現在は2社の267名の技術者と営業担当者が、メキシコ、中国、タイの製造拠点、ならびに米国、フランスの研究開発拠点等、世界各国のジヤトコグループの研究開発、営業支援の業務を提供している。

今回ジヤトコは、従来のCVTより10%燃費が向上した、中型および大型前輪駆動乗用車向けの新世代CVT「CVT8」を出展する。

また、ハイブリッド前輪駆動乗用車向けの「CVT8 HYBRID」や、小型前輪駆動乗用車向けの副変速機付の「CVT7」など、新世代CVTを中心に展示を行う。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジヤトコの医療用ガウン
  • 3Dプリンターで製作したフレーム部分(左)とフェイスシールド
  • FR車用9速オートマチックトランスミッション「JR913E」
  • ジヤトコの軽自動車専用CVT「Jatco CVT-S」(人とくるまのテクノロジー2019)
  • アウディ SQ5 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • マセラティ ギブリ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • ベントレー フライングスパー PHEV 開発車両(スクープ写真)
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ