【リコール】三菱ふそう エアロエースなど、パワステが重くなるおそれ

自動車 ビジネス 企業動向
改善箇所
改善箇所 全 1 枚 拡大写真
三菱ふそうトラック・バスは4月14日、『エアロエース』などのパワーステアリングオイルポンプに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、三菱ふそう『エアロエース』『エアロクィーン』、UDトラックス『スペースアローA』『スペースウイングA』の4車種で、2010年8月30日から2015年2月27日までに製造された計2342台。

大型観光バスにおいて、パワーステアリングオイルポンプの吐出量のバラツキにより、オイルの温度がリターンホースの耐熱温度を超えるものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、リターンホースがパワーステアリングオイルタンクから外れてオイルが漏れ、操舵力が増大するおそれがある。

改善措置として、走行距離が10万km以上の車両は、パワーステアリングオイルタンクの色を点検し、パワーステアリングオイルポンプに問題があると判断された場合は、パワーステアリングオイルポンプ、タンク、ホース一式を対策品に交換する。

また、登録後1年以内または走行距離が10万 km未満の車両は、パワーステアリングオイルタンクの色変化が少なくパワーステアリングオイルポンプの良否判断が困難であるため、パワーステアリングオイルタンクの色点検を行わずにパワーステアリングオイルポンプ、タンク、ホース一式を対策品に交換する。

不具合は11件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • モバイルワーク(イメージ)
  • 三菱ふそうキャンター
  • 三菱ふそうエアロクィーン
  • マテリアルラボで消毒液を製造
  • アウディ Q5スポーツバック プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ゴルフオールトラック 新型(上)とゴルフヴァリアント 新型(下)のプロトタイプ
  • ブガッティ シロン 派生モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ