【上海モーターショー15】ボルボ S60L に「ツインエンジン」…中国専用ロングにPHV

自動車 ニューモデル 新型車
ボルボ S60L T6 ツインエンジン
ボルボ S60L T6 ツインエンジン 全 3 枚 拡大写真
スウェーデンの高級車メーカー、ボルボカーズは4月15日、中国で4月20日に開幕する上海モーターショー15において、『S60L T6 ツインエンジン』を初公開すると発表した。

「ツインエンジン」とは、ボルボカーズのプラグインハイブリッド車(PHV)に冠される名称。すでに、新型『XC90』に、ツインエンジンを設定している。今度は、『S60』の中国専用ロングホイールベース車、『S60L』に、ツインエンジンが用意される。

PHVパワートレインは、エンジンがボルボカーズの新世代エンジン、「Drive-E」。2.0リットル直列4気筒ガソリンターボは、最大出力238hpを発生する。モーターは、
最大出力68hp。エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、最大出力306hpを引き出す。

二次電池は、蓄電容量11.2kWhのリチウムイオンバッテリー。EVモードでは、最大53kmのゼロエミッション走行が可能。その効果もあり、CO2排出量は、49g/kmに抑えられた。

S60L T6 ツインエンジンのPHVパワートレインは、ボルボカーズの中国四川省成都工場で生産。4月22日、中国での受注を開始する。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV